そろそろ推薦入試が始まります。当塾でも推薦入試に挑戦する生徒がいます。実際に入試が近づいてくるとスタッフ側でも緊張感が高まってきています。

 そこで、今一度医師を目指すにあたって、生徒たちに「自分はどういう医師になりたいのか」また「医師とはどのような仕事なのか」を明確に意識してもらえるよう、週に一時間だけ塾長の話を交えながら考えてもらう時間をつくるようにしています。

 これを機に「医師になる心構え」や「医師を目指す強い気持ち」をより高めてもらう機会を設けようと考え、その動機や心構え、さらには自分が将来医師としてどのように社会貢献できるか等を深く考えてもらうことの出来る良い機会だと私は思っています。またこのような時間は、後の一般試験でも行われる面接や小論文でも必ず生かすことが出来るであろうと信じています。