4月からこの欄を担当することになりました。日野と申します。よろしくお願いします。当塾では、事務全般を担当しています。医学部受験って本当に大変だなぁと思う今日この頃です。

 この予備校では毎週木曜日午後3時10分からホームルームがあるんです。こういう業界では珍しいですよね。
 
 今日はセブン&アイ・ホールディングスの名誉会長伊藤雅俊さんのお母さんのお話でした。

 伊藤さんのお母さんは、明治二十五年の生まれ。昭和二十年夏、東京大空襲で全てを失いながら北千住の中華そば屋の軒先二坪の店を借りて再開した「羊華堂」は、いまや世界で従業員数5万5千人の企業となっています。そのお母さんの口癖は「たったひとつの笑顔にも心からの感謝をこめて」というものだったそうです。それが、セブン&アイ・ホールディングスの原点だったのですね。

 「医者になるあなたたちも、多くの人に感謝の心を忘れずに、また試練に屈することなく、笑顔を絶やさずに頑張ってほしい。そうすれば、大きな実りが必ずあるものですよ」というお話だったように思えます。

 皆さんには努力の日々が続きますが、笑顔を絶やすことなく来年の合格の笑顔をつかんでほしいと思います。