大阪上本町にある大阪医進予備校は、医学部医学科受験指導専門の予備校です。集団授業+個別指導+自習指導で学習効率を高め、徹底指導いたします。

生物指導報告(2016.4)

◎4月度 生物指導報告◎

(4月7日)

〔指導内容〕・・・さまざまな細胞小器官の構造と機能、細胞骨格について学習しました。とくに細胞骨格については、今春の入試でも頻出分野の一つでしたので、まずはしっかり理解しておきましょう。
〔講師所感〕
(Aさん)
授業中はたいへんに眠そうでしたが、終了後には教務室にまで来て質問をしてくれました。
(Bさん)
表情を見せてくれる生徒さんで、しっかり聴いてくれていることが伝わってきました。
(Cさん)
こちらの何気ない一言であっても、一番精力的にノートしてくれました。
(Dさん)
学習事項の細かな点にまで興味を持ってくれ、授業中にも授業後にも何度となく質問をしてくれました。
(Eさん)
5人の中では、一番学習態度がおとなしかったです。すごく自信があるのか、少々苦手感を持っているのか…。もう少しみてみたい生徒さんです。

(4月17日)

〔指導内容〕・・・細胞内に張り巡らされている細胞骨格の種類と働き、また浸透圧に関するグラフの読み方や計算問題を演習、解説しました。浸透圧の計算法についとは繰り返し復習しておきましょう。
〔講師所感〕
(Aさん)
やはり一番眠そうでした。ただ、作業はしっかりやってくれますし、正答率もそれほど低くはないです。
(Bさん)
無駄な愛想はない生徒さんですが、口頭質問にはかなり的確に答えてくれました。
(Cさん)
細かな説明でも一番真剣にノート、メモしてくれ、真面目に取り組んでくれました。
(Dさん)
どんなに基本的、単純そうに見える問題でも、問題の本質を捉えようと努力してくれています。
(Eさん)
授業中は顔は上げてくれているのですが、作業や演習の際には、ほぼ毎回皆からワンテンポ遅れます。

(4月24日)

〔指導内容〕・・・細胞膜を介したイオンや分子の輸送形態やそのメカニズム、さらに細胞内シグナル伝達系の類型化と、その具体例をアドレナリンやインスリンにとって解説しました。このシグナル伝達系は入試の新傾向として注目されている分野の一つでもあります。
〔講師所感〕
(Aさん)
授業開始前、教務室にまで出向いてくれて質問してくれたのですが、授業中はやはり今日も眠そうでした。
(Bさん)
しっかりと聴いてくれていました。真剣でした。
(Cさん)
少々ぼぉーっとした所もありましたが、一番精力的にメモをとるなどしてくれました。休憩時間中には質問もしてくれました。
(Dさん)
もちろん、常に集中してくれていますが、今日はとくに得意分野だったらしく、理解度も高そうでした。
(Eさん)
ほぼずっと、じっとしていられないという感じで忙しく上体が動いていましたし、顔は上がっていても、しっかりと頭に入っている様子はなかったです。


随時面談を行っております。
大阪市天王寺区上汐3-2-17 コモド上汐ビル6F TEL 06-6777-7252 受付時間 9:00 - 21:00 (日・祝日除く)

日々の指導報告

指導報告

チューター指導記録

チューター指導記録
PAGETOP
Copyright © 医学部受験なら大阪医進予備校 All Rights Reserved.